≫ HOME ≫ 業務紹介 ≫ 土地・境界管理 ≫ トラブル等のケース

土地・境界管理 ~トラブル等のケース ~

土地の境界管理を怠ると、境界紛争など第三者との予期せぬトラブルの原因に
なるだけではなく、相続手続きに支障をきたしたり、売買等の資産運用の際に
思わぬ不利益を被ることがあります。

 

▼ トラブル ケース1
▼ トラブル ケース2
土地の境界が、不明確の状態で
塀等の構造物を作られてしまった。
トラブルケース1
土地の相続を受けたが、自分の土地が
どの範囲にあるのかわからない。
トラブルケース2
▼ トラブル ケース3
▼ トラブル ケース4
地震や台風など災害が起きた際、自分
の土地を元の位置に戻すことができない。
トラブルケース3
隣との境界が昔からの境木等で
曖昧になっている。
トラブルケース4
- 土地境界を管理することによるメリット -
  土地境界を管理することにより、正確な土地の状況を登記することができます。
  今後の土地取引等がスムーズに行えます。
  現在の測量技術は数値で管理され、正確な位置をいつでも復元することができます。
境界管理

ホーム アクセスサイトマップ プライバシーポリシーお問い合わせ